vim

vim8でdenite.nvimをつかう

投稿日:2018年4月15日 更新日:

denite.nvim

denite.nvimは、unite.vimの後継プラグイン. NeoVimとVim8に対応.

+python3でコンパイルしている必要がある.

つぎのライブラリをインストールしておく.

インストール

hook後でないとつかえない変数がある(denite#custom)ので、設定ファイルをhook_add用とhook_post_source用にわけた.

設定

hook_addにはキーマップ関係を設定する.
fileはカレントディレクトリのファイル.file_recはカレントディレクトリ以下のファイルを再帰的に集めたやつ.file_mruは最近使ったファイル.
directory_recはディレクトリを再帰的に集めたやつ.

前にあったfile/newはつかえない.fileで新規ファイルが作れるとヘルプに書いてあるけどやり方がよくわからなかった.
directory_recでディレクトリを選んだあと、対象のディレクトリで新規作成できるので、新規作成の場合はdirectory_recをつかうといいかも.

hook_post_sourceはdenite.nvimの設定を書く.
denite.nvimのデフォルトは上下で過去の履歴なので、unite.vimのようにカーソルキーで上下できるようにした.(過去の履歴は左右)
~_rec系とgrepはgrep代替のコマンドをつかうことで高速化できる.

Agをインストールする.

cpsmは結果、うまくコンパイルできなかった.pyenvのせいだと思われ.
rgよりなんとなくagのほうがいい感じだった.

Uniteのソースの利用

Uniteをインストールしておけば、:Denite unite:ソースでuniteのソースも利用できる.

ただし、つかえないものもあるので注意.

-vim
-, , ,

執筆者:

関連記事

Neosnippetからvim-snippetsをつかう

目次1 導入2 インストールと設定3 感想4 自分のスニペットをつくる 導入 スニペットは断片という意味で、合言葉みたいなものから、定型的な文法を展開するやつ 例えば、[crayon-5ba5b13e …

Nerdtreeでファイル操作〜vim

Nerdtreeはvimでファイル操作ができる定番プラグイン   目次1 設定など2 ファイル操作3  grep検索4 ウガンダに寄付しました 設定など [crayon-5ba5b13e6f …

VImで日本語マークダウンを編集する〜textlint、tagbar

目次1 最初に2 校正〜textlint3 ヘッディング一覧〜tagbar4 リアルタイムプレビュー5 markdownからdocxへの出力6 その他 最初に 突然、vimで日本語のmarkdownを …

Chef SoloでUbuntu Server12.04にVim7.4をコンパイルして自分の環境をインストール

By: Derek Gavey – CC BY 2.0 目次1 情報2 Workstation(操作する側)にchefとknife-soloをインストールする3 Chefリポジトリをつくる …

vimのundoをグラフィカルに表示~gundo.vim

参考 gundo.vimが超便利なのとvimのアンドゥツリーについて 仕組みから使い方までリンク先ですべて丁寧に解説してるんだけど本当に便利 F3に登録してあるから、F3を押して戻りたいところでエンタ …