MacOSX vim

VImで日本語マークダウンを編集する〜textlint、tagbar

投稿日:2018年4月12日 更新日:

最初に

突然、vimで日本語のmarkdownを書きたいと思い立った.
思い立ったが吉日、とvimと日本語について調べた結果をまとめる.

校正〜textlint

textlintのインストール

textlintはnode.jsの文書校正ツール.

ルールは、別のライブラリーとして管理されてる.

お試しに、入門向け日本語のプリセットを使ってみる.

次に、ruleを設定する.ホームディレクトリに.textlintrcファイルを作成する.

syntasticの設定

次に、vimrcからプラグインのsyntasticの設定.textlintはめちゃ重いので、保存のたびに走らせるかは要検討.

明示した時だけsyntasticを稼働させるPassiveモードにしておくには、

syntasticの代わりにALEをつかう

syntasticを辞めて非同期処理のALEにした.

lightlineにALEの結果を表示

nerd fontのインストール

iterm2のプロファイルでフォントを設定.

vim-deviconsのインストール
nerd-fontをvimプラグインで使えるようにする.

lightline-delphinusのインストール

アイコン付きで警告されるほか、statuslineにwarningの数が表示される.

ヘッディング一覧〜tagbar

exuberant ctagsのインストール

macには最初からctagsが入ってるけど、exuberant ctagsというのが必要.
日本語に対応したexuberant ctagsをインストールする.

これで、/usr/local/bin/ctagsにインストールされる.

tagbarのインストール

次に、vimのプラグインtagbarのインストール.

dein.tomlで、

~/.ctagsで

ctagsのインストールのくだりは、次を参照.

markdown用の設定は、次を参照.

unite-outlineでも代用可

リアルタイムプレビュー

previm

これで、あとは、:PrevimOpenを実行すればブラウザが立ち上がる.保存のたびにブラウザが更新される.

markdown-preview.vim


こちらはカーソル追従してスクロールまでしてくれる.

そのほか、プレビュー系のプラグインまとめ

markdownからdocxへの出力

様式を指定するには、reference.docxを作成して、様式をwordで作成.

そして、様式を指定.

非同期でやりたい.

その他

ESCを押すと日本語入力をオフにする.

とりあえずメモ.

-MacOSX, vim
-, , , ,

執筆者:

関連記事

gulpでelectronをlivereloadしながらcoffeeとsassで開発する環境

By: Nrico – CC BY 2.0 目次1 package.json2 gulpfile.coffee3 bower + browserify4 ストップウォッチ package. …

MacでDocker〜boot2docker

By: Jim Bahn – CC BY 2.0 目次1 情報源2 boot2dockerのインストール3 boot2dockerの操作4 Dockerの操作5 NginXの起動6 ボリュ …

no image

surround.vimチュートリアルをためす

  参照 www.vim.org/scripts/script.php?script_id=1697 目次1 Change Surround2 Change Surround x to Ta …

vimのvisualモードを有効に使いたい

By: KariHak – CC BY 2.0 目次1 素早く選択する2 選択後のアクションいろいろ 素早く選択する テキストオブジェクト 導入に Vimテキストオブジェクト from W …

VimFilerはじめました

By: Sig. – CC BY 2.0   VimFilerはvimでつかえるファイラー NerdTreeというファイラーもあって今まではこっちを利用していた 自分にとっては、 …