node.js

Electronでmaterialize

投稿日:

Materialize

Materializeは、マテリアルデザインにもとづいたCSSフレームワーク
materializecss.com/

bower

sass

sassファイルとフォントのコピー

sassをコピーして、index.scssでインポートする.
コンポーネントごとに読み込むこともできると思う.

index.scss

Google Fonts

グーグルフォントを読み込まないと、アイコンが使えない.
種類がいまいちだから、アイコンだけFontAwesomeのほうがいいかも.

browserify

Javascriptのインポートだけど、ここでdebowerifyがうまく機能しない.
ここを参考に、browserify-shimを使ったらうまくいった.

package.json

レンダラプロセスでrequire

できた

screenshot

-node.js
-,

執筆者:

関連記事

Ubuntu12.04にnode6.9をインストール~nodebrew

By: Kazuyoshi Kato – CC BY 2.0 目次1 nodebrew自身のアップデート2 nodebrewでnode6.9をインストール3 yarnのインストール nod …

デスクトップアプリを作成できるフレームワークをWindowsで触ってみた~Electron

By: Adam Jenkins – CC BY 2.0 目次1 Electron2 前提3 electronのインストール4 Hello World5 パッケージング6 DevTool7 …

no image

CentOS5.8にnodebrewでnode.jsをインストール

github.com/hokaccha/nodebrew インストールは簡単

.bashrcに追加 [crayon-58b5aaeb8 …

Electronで簡単にMac風UI〜Photon

By: Patrick Hoesly – CC BY 2.0 目次1 Photon2 gulpfile.coffee3 index.scss4 Todolistに適用する5 できた Pho …

Electronのアプリケーションメニューからセーブダイアログを出してファイルを保存

By: Jean-Pierre Dalbéra – CC BY 2.0 目次1 はじめに2 require3 メニュー4 gulpfile.coffee5 できた はじめに 今後は、Ele …