RubyOnRailsの開発環境

Redmineプラグイン開発にCoffeeScriptとSASSを使う〜guard-sprockets&guard-sass

投稿日:2015年4月4日 更新日:

考え方

Redmineではsprocketを使っていないので、JavaScriptとcssを書かないといけない.
そこで、 CoffeeScriptとSassを書いて、自動でjavascriptsとstylesheetsに展開するようにguardを設定した.

参考:
My Sass and CoffeeScript workflow with Guard
Railsで使える便利な機能をRails以外で使いたい場合にGuardを使う

guardの設定

Gemfileをつくって、bundle install

GitHub:
多くはguardの公式レポジトリに開発が移っているぽいので注意
github.com/guard/guard-sass
github.com/guard/guard-sprockets

参考:
Ubuntu12.04.1でCoffeeScriptの自動makeとブラウザの自動リロード~guard-coffeescript
Ruby+guardでSass+Compass+CoffeeScriptの自動コンパイル環境を整える

Guardfileをつくる

で、Guardfileができるので、設定
sassについては、圧縮、COMPASSの利用、パーシャルの利用などを設定している.
Sprocketsについては、uglifierで圧縮してる.
注意が必要なのは、root_fileを設定しないと監視したファイルをそれぞれコンパイルしてしまうこと.1つのファイルにまとめるにはroot_fileを設定しておくこと.2つのファイルにまとめる場合は、もう1個監視用の設定をすればいいんじゃないか.

そして、ソース用に、ディレクトリを作成する.

できた、ただし

あとは、guardを実行すれば自動コンパイルしてくれる.
ただし、Redmineでは、assetsディレクトリの中を変更しても、autoloadしてくれない.
ちなみに、routes.rbの変更でもautoloadしない.
現状ではサーバーを再起動してるが何か設定がありそうでできない.

coffee-railsをいれていないと、erbテンプレートにCoffeeScriptも使えない.
js.erbを使うか、coffee-railsをいれるか.

-RubyOnRailsの開発環境
-, , , ,

執筆者:

関連記事

no image

Ubuntu ServerのGuardからネットワーク経由でWindowsのブラウザをリロードする~guard-livereload

Ubuntu12.04.1でCoffeeScriptの自動makeとブラウザの自動リロード~guard-coffeescript   Ubuntu ServerのGuardからGrowl f …

no image

Git用サーバのgitoliteにユーザー追加

環境 Git用サーバのgitoliteをインストール クライアントでssh用の鍵を作成

 ssh用のpub鍵を管理者に送信 sftpで …

SimpleCovのカバレッジをvimに表示させる~simplecov-vim

      github.com/nyarly/Simplecov-Vim 参照 Rails3でテストカバレッジを計測する~simplecov,thin 自分のgem上の …

Rubyで1158から10をつくった〜permutation

  By: Alex Popovkin, Bahia, Brazil – CC BY 2.0 CMで話題のやつをやってみた 目次1 スケルトンをつくる2  4つの数字の並び替えの …

vimでRailsのプロジェクトファイル間を移動〜rails

  By: rjp – CC BY 2.0 目次1 vim-rails2 unite-rails3 Unite.vimがプロジェクト単位での検索に対応した vim-rails g …