Redmineのプラグイン製作

Rails4になったRedmineはprotected_attributesを使っているので注意が必要

投稿日:2015年3月30日 更新日:

Rails4になったRedmineはprotected_attributesというgemを使っていますので、Rails3時代と同じくModelにはattr_accessibleを記載する必要があります.

ログで、 WARNING: Can't mass-assign protected attributes for **** と出て、保存できてない場合は、attr_accessibleを設定してないときです.

もちろん、strong parameterも設定する必要があります.

strong parameter関連の設定ミスの場合もエラーでなく、ログにひっそりと Unpermitted parameter: *** などと表示されてます.

strong parameter関連のログを色付きで表示するgemもあるようです.> RailsのStrong Parametersで弾かれたときにすぐに気付けるようにしてみる

strong parameterで許可されていないとvalidateの判定もされないんで、最初validate関連の設定ミスかと思っちゃいますよね.

-Redmineのプラグイン製作
-, ,

執筆者:

関連記事

Redmineプラグインでマイページにオリジナルのブロックを追加する

目次1 追加方法は簡単2 翻訳3 参考になるプラグイン 追加方法は簡単 app/views/my/blocks以下にパーシャルを作っておいておけばOK www.redmine.org/projects

Redmine2.5でプラグイン作成のチュートリアルやってみた 3〜設定

目次1 前回2 init.rb3 設定画面4 値の使い方5 情報 前回 Redmine2.5でプラグイン作成のチュートリアルやってみた Redmine2.5でプラグイン作成のチュートリアルやってみた …

Redmine2.5でプラグイン作成のチュートリアルやってみた4〜テスト

By: Beverly & Pack – CC BY 2.0 目次1 前回まで2 テストの設定3 データベースの準備4 テストの実行5 最初のテスト 前回まで Redmine2.5 …

Selenium IDEからRubyのテストケースを書き出す

By: Kenny Louie – CC BY 2.0 目次1 Selenium IDE2 Selenium IDEのインストール3 Selenium IDEの立ち上げ方4 はじめてのSe …

Redmineプラグインのviewを作るための情報あれこれ

By: amanderson2 – CC BY 2.0 目次1 環境2 サイドバーへの表示3 領域 box4 動作などの領域 contextual5 アイコン6 nodata7 テーブル8 …