Redmineのプラグイン製作

Rails4になったRedmineはprotected_attributesを使っているので注意が必要

投稿日:2015年3月30日 更新日:

Rails4になったRedmineはprotected_attributesというgemを使っていますので、Rails3時代と同じくModelにはattr_accessibleを記載する必要があります.

ログで、 WARNING: Can't mass-assign protected attributes for **** と出て、保存できてない場合は、attr_accessibleを設定してないときです.

もちろん、strong parameterも設定する必要があります.

strong parameter関連の設定ミスの場合もエラーでなく、ログにひっそりと Unpermitted parameter: *** などと表示されてます.

strong parameter関連のログを色付きで表示するgemもあるようです.> RailsのStrong Parametersで弾かれたときにすぐに気付けるようにしてみる

strong parameterで許可されていないとvalidateの判定もされないんで、最初validate関連の設定ミスかと思っちゃいますよね.

-Redmineのプラグイン製作
-, ,

執筆者:

関連記事

Redmine2.5でプラグイン作成のチュートリアルやってみた

目次1 参考2 環境3 デベロップメント環境のRedmineを準備4 プラグインを作成5 init.rb6 モデルを作成する7 コントローラーを作成してみる8 ビューを作成9 ルートを作成10 動作確 …

Redmineプラグインのviewを作るための情報あれこれ

By: amanderson2 – CC BY 2.0 目次1 環境2 サイドバーへの表示3 領域 box4 動作などの領域 contextual5 アイコン6 nodata7 テーブル8 …

Redmine3におけるインテグレーションテスト、UIテスト

By: Karoly Lorentey – CC BY 2.0 目次1 インテグレーションテスト?UIテスト?2 インテグレーションテスト3 UIテスト インテグレーションテスト?UIテス …

Redmine2.5でプラグイン作成のチュートリアルやってみた 3〜設定

目次1 前回2 init.rb3 設定画面4 値の使い方5 情報 前回 Redmine2.5でプラグイン作成のチュートリアルやってみた Redmine2.5でプラグイン作成のチュートリアルやってみた …

Redmine2.5でプラグイン作成のチュートリアルやってみた 2〜Hook

目次1 前回2 情報3 ViewHook4 フックの名称を調べる5 Redmine::Hook::ViewListenerを継承したクラスをつくる6 使いたいフックと同じ名称のメソッドを実装する7 i …