RubyOnRailsの開発環境

rails generate migrationでなるべく自動で書いてもらう

投稿日:2014年3月7日 更新日:

はじめに

guides.rubyonrails.org/migrations.html

試した環境はrails4.0.3

カラム追加 AddXXXToYYY

基本例

index追加とか

複数カラム追加とか

Adding multiple columns in one migration

スネークケースもOK

referencesやbelongs_toももちろん使える

カラム削除 RemoveXXXFromYYY

ファイル名だけでなく引数でカラムの指定も必要

テーブル作成 CreateXXX

なにに使うのかよくわからないけどテーブルも作れる

join tableも作れるって書いてあるけど何だけ

補足:rake db:migrate:statusとrake db:rollback STEP=n

rake db:migrate:statusで現在のmigrationファイルの実行状況の一覧がみられる

rake db:rollbackで1つだけmigrationファイルの適用を戻すことができる

rake db:rollback STEP=3とかで3つの適用を戻すなどの指定ができる

情報

Railsのmigrationの基本とレシピ集

[Rails4] migrationコマンドまとめ

-RubyOnRailsの開発環境
-

執筆者:

関連記事

SimpleCovのカバレッジをvimに表示させる~simplecov-vim

      github.com/nyarly/Simplecov-Vim 参照 Rails3でテストカバレッジを計測する~simplecov,thin 自分のgem上の …

no image

rails g rspec:scaffoldで生成されるファイル

ほぼ個人的なコピペ用 RubyとRailsのテスト関係のリンクメモ 目次1 使い方とオプション2 サンプル 使い方とオプション

サンプ …

Ubuntu server12.04にPostgreSQL9.3をインストールする

By: ⓥⓘⓣⓐ – All Rights Reserved 目次1 はじめに2 リポジトリの追加3 インストール4 postgresユーザーにパスワードをかける5 postgresユーザ …

no image

Cucumberのfeatureファイルのプラクティス

Cucumberのfeatureファイルのプラクティスについて、実際よくわかってなかったので色々調べてみた cukes.info/ github.com/cucumber/cucumber githu …

Chef soloでberkshelfで依存関係をインストールしてnodebrewをインストールする

By: Rachel Kramer Bussel – CC BY 2.0 berkshelf.com/ Berkshelfはbundlerっぽいcookbooksを管理するgem 目次1 …