RubyOnRailsの開発環境

rails generate migrationでなるべく自動で書いてもらう

投稿日:2014年3月7日 更新日:

はじめに

guides.rubyonrails.org/migrations.html

試した環境はrails4.0.3

カラム追加 AddXXXToYYY

基本例

index追加とか

複数カラム追加とか

Adding multiple columns in one migration

スネークケースもOK

referencesやbelongs_toももちろん使える

カラム削除 RemoveXXXFromYYY

ファイル名だけでなく引数でカラムの指定も必要

テーブル作成 CreateXXX

なにに使うのかよくわからないけどテーブルも作れる

join tableも作れるって書いてあるけど何だけ

補足:rake db:migrate:statusとrake db:rollback STEP=n

rake db:migrate:statusで現在のmigrationファイルの実行状況の一覧がみられる

rake db:rollbackで1つだけmigrationファイルの適用を戻すことができる

rake db:rollback STEP=3とかで3つの適用を戻すなどの指定ができる

情報

Railsのmigrationの基本とレシピ集

[Rails4] migrationコマンドまとめ

-RubyOnRailsの開発環境
-

執筆者:

関連記事

Chef SoloでUbuntu Server12.04にRVMでRubyをインストール

By: inggih slamet – CC BY 2.0   github.com/fnichol/chef-rvm/wiki 目次1 knife-github-cookboo …

no image

Rails3のTest:Unitでベンチマーク

参考 Performance Testing Rails Applications — How To? 目次1 Gemfile2 サンプル作成3 実行 Gemfile デフォルトのテストはTest:u …

no image

Ubuntu ServerのGuardからネットワーク経由でWindowsのブラウザをリロードする~guard-livereload

Ubuntu12.04.1でCoffeeScriptの自動makeとブラウザの自動リロード~guard-coffeescript   Ubuntu ServerのGuardからGrowl f …

Ubuntu Server12.04でPostgreSQL9.3をつかう〜hstore

  By: Wonderlane – CC BY 2.0 Ubuntu server12.04にPostgreSQL9.3をインストールする hstoreモジュール(エクステンシ …

Rails generateのときにbelongs_toを設定

By: Michael Douglas Bramwell – CC BY 2.0 using belongs_to with scaffold generator to quickly c …