RubyOnRailsの開発環境

rails generate migrationでなるべく自動で書いてもらう

投稿日:2014年3月7日 更新日:

はじめに

guides.rubyonrails.org/migrations.html

試した環境はrails4.0.3

カラム追加 AddXXXToYYY

基本例

index追加とか

複数カラム追加とか

Adding multiple columns in one migration

スネークケースもOK

referencesやbelongs_toももちろん使える

カラム削除 RemoveXXXFromYYY

ファイル名だけでなく引数でカラムの指定も必要

テーブル作成 CreateXXX

なにに使うのかよくわからないけどテーブルも作れる

join tableも作れるって書いてあるけど何だけ

補足:rake db:migrate:statusとrake db:rollback STEP=n

rake db:migrate:statusで現在のmigrationファイルの実行状況の一覧がみられる

rake db:rollbackで1つだけmigrationファイルの適用を戻すことができる

rake db:rollback STEP=3とかで3つの適用を戻すなどの指定ができる

情報

Railsのmigrationの基本とレシピ集

[Rails4] migrationコマンドまとめ

-RubyOnRailsの開発環境
-

執筆者:

関連記事

no image

Ruby2.0.0とRails4をためしてみた

本当なら、われわれ素人は枯れ尽くしてから手を出したほうがいいんですが、WEB+DB PRESS Vol.73の記事を読んでたら試したくなったのでOSX Lionで試してみた 気になったのは、「体感速度 …

no image

Ubuntu Server12.04でPhantomjsを使ってヘッドレステスト環境をつくる~phantomjs+guard-jasmine

目次1 phantomjs2 guard-jasmine3 Foreman phantomjs phantomjsはブラウザがないようなサーバー環境でもjavascriptのテストをやってくれる #3 …

RVMが大変そうなので寄付した

クリスマスだしね 🙂 rvm.io/ www.bountysource.com/fundraisers/489-rvm-2-0 $10以上で名前が乗るよ $15以上でステッカーもらえるよ

vimでRailsのプロジェクトファイル間を移動〜rails

  By: rjp – CC BY 2.0 目次1 vim-rails2 unite-rails3 Unite.vimがプロジェクト単位での検索に対応した vim-rails g …

Chef SoloでUbuntu Server12.04にVim7.4をコンパイルして自分の環境をインストール

By: Derek Gavey – CC BY 2.0 目次1 情報2 Workstation(操作する側)にchefとknife-soloをインストールする3 Chefリポジトリをつくる …