RubyOnRailsの開発環境

ディレクトリごとにrubyとjrubyを使い分ける〜ruby-version

投稿日:


By: DANIEL JULIE – CC BY 2.0

前は.rvmrcを使っていたけど、今は.ruby-versionを使うらしい

jrubyを使いたいディレクトリで.ruby-versionというファイルを作成してバージョンとかを指定すればOK

他のディレクトリではデフォルトのruby 2.1.0を使うけど、指定したディレクトリではjruby-1.7.9を使う

他のディレクトリに移れば自動で切り替わる

 

-RubyOnRailsの開発環境
-,

執筆者:

関連記事

Chef SoloでUbuntu Server12.04にRVMでRubyをインストール

By: inggih slamet – CC BY 2.0   github.com/fnichol/chef-rvm/wiki 目次1 knife-github-cookboo …

rails gに-pオプションがあったので色々試してみた

  By: Shardayyy – CC BY 2.0 -p[–pretend]なんてオプションあったんですね このオプションをつけると色々表示されるけど、実際には何 …

rails newをカスタマイズしてテスト環境とgit initを自動で準備する

  rails new -helpでrails newの初期オプションが見られる ユーザルートに.railsrcというファイルにオプションを書き込んでおける rails new -m オプシ …

vimでRailsのプロジェクトファイル間を移動〜rails

  By: rjp – CC BY 2.0 目次1 vim-rails2 unite-rails3 Unite.vimがプロジェクト単位での検索に対応した vim-rails g …

no image

rails g rspec:scaffoldで生成されるファイル

ほぼ個人的なコピペ用 RubyとRailsのテスト関係のリンクメモ 目次1 使い方とオプション2 サンプル 使い方とオプション

サンプ …