Backbone.js

Backbone.jsでViewのrender前後にコールバック処理を追加する

投稿日:

afterRender() callback in Backbone.js Views

renderのあとがファットアローになってることに注意

*使えるかと思ったけど、やっぱり前の処理を待ってるわけじゃないのであまり意味がない気がしてきた

コメントにもそんな指摘があって、使いドコロとしては同じ処理をするViewがたくさんあって継承とか使うときとか

 

こっちのほうが使うときが多いかも

*すべての処理が終わってから実行する

underscoreのdeferを使う

stackoverflow.com/questions/10736020/scroll-to-the-bottom-after-render-a-backbone-view

SyntaxHilighterはテンプレート描画が終わったあとに実行したいけど、普通に並べたらテンプレート描画が終わる前に実行しちゃうのでシンタックスハイライトが機能しない.

deferは、コールスタックが空になるまで、関数の呼び出しを遅延させる

あと、同じ目的で使えそうなのが、wrap(最初の引数で指定した関数をwrapper関数の中にラップする。wrapper関数には指定された関数の実行の前後で行われる処理を記述することができる。)やcompose(複数の関数の合成関数を返す。関数は次の関数の返り値を引数としてとる。関数f(), g(), h()を合成しすると関数f(g(h()))ができる。)

このあたりをうまく使えたらいいのかもしれない

参照元のJavaScript版はwrap使ってるなぁ

-Backbone.js
-

執筆者:

関連記事

backbone-railsのscaffoldで生成されるコードでルーティングとCRUDの処理をどうやってるのか読んでみた

By: asobi tsuchiya   目次1 はじめに2 サンプルの準備3 初期化4 ルーター5 READ6 CREATE7 UPDATE8 DELETE はじめに backbone-r …

backbone-relationalで関連するコレクションをRails3.2のAPIに投稿〜accepts_nested_attributes_for

By: Mike Baird – CC BY 2.0   backbonerelational.org/ Backbone-relationalを使って関連するコレクションをまと …

no image

Rails3.2からBackbone.jsとD3.jsを使う一例

目次1 Backbone.jsからD3.jsを使う2 RailsのネストしたURLでBackboneを使う Backbone.jsからD3.jsを使う d3.jsで力指向グラフを使って遊ぶ2のクラス構 …

Yeomanで最新のJavaScript開発環境を最速で整える

環境 mac OSX Lion Yeomanは最新のJavaScript開発のための統合環境を提供してくれます yeoman.io/index.html 紹介動画 目次1 インストール2 さっそくアプ …

Backbone.jsからRails3.2へのPUTに対して204(no content)が返ってくる問題

By: Bernardo Chang – CC BY 2.0   UPDATEするときRailsはデフォルトでJSONには何も返さないのがデフォルトぽい [crayon-5d07 …