Backbone.js Railsで使えるGem

Backbone.jsで関連するモデルのREADとCREATE

投稿日:

 

ThoughtBotの本を読み進めてるけど私には買ってよかったと感じている

ゾンビviewのワナを回避する方法や細かい設定や意味は自分で試行錯誤していたら何時間無駄にするかわからなかった

マニュアルやソースだけだと全部平坦に書いてあるからどれが大事でとかわからないし、将棋でも金銀の動かし方を知ってても定跡を知らないと勝てないよね

準備

ModelとCollection

Articleモデル

Articlesコレクション

Commentモデル

Commentsコレクション

 Router

読み込み待ちの知恵

読み込み待ちの知恵として、前はコレクションのresetイベントを監視していたけど、fetchがsuccessするまで待つ方法をとってみた コレクションと関係ない初期描画がある場合ちょっと遅くなるかもしれない

あと、どのアドレスからもアクセスできるようにshowは@collectionを待たず、idからmodelデータをfetchして取ってくることにした

マニュアルには、collectionのurlを指定すれば、modelのurlは指定しなくていいって書いてあるけど、こういうcollectionからgetじゃない場合はmodelのurlRootを書いておく必要があった

READ

さて、showのメソッドでは個別記事とコメントを全部取得するようにJSONを決めた

これをArticleモデルと1対多の関係にあるCommentsCollectionに配置するには事前の準備が必要

こんな感じでattributesからcollectionプロパティにその都度移しておけばOK

これはThoughtBotの本に書いてあったやり方だ

ただ、複雑になるとBackbone-relationalを使ったほうがいいって

これで、上のrouterやその先のviewから

でプロパティのcollectionにアクセスできる

CREATE

書き込みをするにはコメントを投稿するAPIをつくったけど、articleはタイトルだけで内容をもってないので、最初のコメントとして記事の内容を投稿したい(2chの1みたいなイメージ)

そうすると記事の投稿と関連するコメントを一度に投稿できるとうれしい

まずRailsの側で準備が必要

これで accepts_nested_attributes_forで関連するモデルのattributesにアクセスできる

 

次にBackbone側

考え方としては、articleの下にcomments_attributesをくっつけたJSONをPOSTするようにすればいい

JSON化してるのはモデルかコレクションのtoJSONメソッドなのでこれをオーバーライドすればOK

今回はArticleモデルのtoJSONをオーバーライドする

でも、これだけじゃうまくいかない

なぜかというと上でもともとREADしてきたattributesにある方のcommentsをきちんと消してないから

silent:trueでこっそり消しておく

-Backbone.js, Railsで使えるGem
-,

執筆者:

関連記事

Rails3.2+Mongoidでログイン機能~devise

  目次1 Gemfile2 generate3 model4 試す5 Login/Logout6 アクセス制限7 メニュー構成を整える8 翻訳 I18n9 見た目を整える Gemfile …

Rails3でajaxでD&Dでまとめてファイルアップロードをスクラッチで~jQueryFileUpload for Rails

参考 Rails3でajaxでD&Dでまとめてファイルアップロード~jQueryFileUpload for Rails Rails3でajaxでD&Dでまとめてファイルアップロード2 …

no image

Rails3.2でテーブルの並び替えをリファクタリング~ヘルパー

環境 Rails3.2.8でテーブル並び替えのテストを作る~cucumberと正規表現 テストができたのでHelper化 目次1 現状2 helper3 index.html.erb 現状 共通部分が …

no image

Rails3.2+MongoDBでつくったアプリをheroku+mongoHQにアップしたよ

Stack Overflowはなんでも答えてくれる エラーメッセージをコピーしてググればたいていの答えはStack Overflowで出尽くしている 目次1 Gemfile2 herokuにアプリ作成 …

Rails4でフォーム要素を動的に追加したり削除したり〜nested_form

目次1 参考2 前提の環境3 Gemfile4 View5 Controller6 できた7 パーシャル化8 フォームを追加する場所を指定する9 一対一の場合10 そのほか11 番外編: 1つのモデル …