RubyOnRails

erbで要素のidやclassを指定するならcontent_tag_forとdiv_forが便利だった

投稿日:2013年2月2日 更新日:

api.rubyonrails.org/classes/ActionView/Helpers/RecordTagHelper.html

erbでdivタグのidをつけたいとき <div id="person_<%= @person.id %>" > とかやらなくていい

 

content_tag_for

 

リンク先の例で(personはPersonのインスタンスでidは123)

こうなる

プレフィックス指定

idにプレフィックスを付けたいときは

こうなる

HTML属性指定

ハッシュでほかのHTML属性を指定できる

こうなる

 div_for

これが

こうなる

Rails5でremoveされました.

content_tag_forとdiv_forを使いたいときは、record_tag_helperというgemを使う.

-RubyOnRails
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

Rails3部分テンプレートとAjax化のまとめ

参考 guides.rubyonrails.org/layouts_and_rendering.html#using-partials また混乱したので公式を参考にして書き直しました 目次1 部分テン …

Ruby+guardでSass+Compass+CoffeeScriptの自動コンパイル環境を整える

    Ubuntu12.04.1でCoffeeScriptの自動makeとブラウザの自動リロード~guard-coffeescript すでにCoffeeScriptを自動Mak …

RVMでRubyのバージョンアップ

By: Geri Coady – CC BY 2.0 目次1 RVMのバージョンアップ2 Rubyのバージョンアップ3 2.0.0から2.1.0にバージョンアップ4 gemのバージョンアッ …

Backbone.jsからRails3.2へのPUTに対して204(no content)が返ってくる問題

By: Bernardo Chang – CC BY 2.0   UPDATEするときRailsはデフォルトでJSONには何も返さないのがデフォルトぽい [crayon-5ada …

no image

Rails3.2でCoffeeScriptをerbテンプレートとして使う件

目次1 リンクのリモートオプションをTrueにする(フォーマットをjsにする設定をしても必要)2 コントローラーでjsフォーマットを有効にする3 viewディレクトリ以下に.js.coffee拡張子で …