RubyOnRails

erbで要素のidやclassを指定するならcontent_tag_forとdiv_forが便利だった

投稿日:2013年2月2日 更新日:

api.rubyonrails.org/classes/ActionView/Helpers/RecordTagHelper.html

erbでdivタグのidをつけたいとき <div id="person_<%= @person.id %>" > とかやらなくていい

 

content_tag_for

 

リンク先の例で(personはPersonのインスタンスでidは123)

こうなる

プレフィックス指定

idにプレフィックスを付けたいときは

こうなる

HTML属性指定

ハッシュでほかのHTML属性を指定できる

こうなる

 div_for

これが

こうなる

Rails5でremoveされました.

content_tag_forとdiv_forを使いたいときは、record_tag_helperというgemを使う.

-RubyOnRails
-, ,

執筆者:

関連記事

RVMでRubyのバージョンアップ

By: Geri Coady – CC BY 2.0 目次1 RVMのバージョンアップ2 Rubyのバージョンアップ3 2.0.0から2.1.0にバージョンアップ4 gemのバージョンアッ …

githubライクなuiを持つgitlabを試す

  gitoliteリポジトリをバックエンドにしたrails製でgithubライクなweb uiを持つgitlabを試してみた 環境 ubuntu server 12.04.1 目次1 準備 …

no image

Rubyで対話型のコマンドを実行する~pty expect

  Rubyから普通のLinuxコマンドを実行するのはコマンドで実行できる たとえば、Linuxコマンドがなんらかの入力を要求するときはexpectライブラリを使えばいいらしい www.ru …

no image

Rails3.2からBackbone.jsとD3.jsを使う一例

目次1 Backbone.jsからD3.jsを使う2 RailsのネストしたURLでBackboneを使う Backbone.jsからD3.jsを使う d3.jsで力指向グラフを使って遊ぶ2のクラス構 …

collection_selectに複数カラムのテキスト情報を表示

include multiple column value in Ruby on rails Collection_select. Also format the date モデルに [crayon- …