git RubyOnRailsの開発環境

assets:compileし直すときassets:cleanしておくとgitが自動でrenameしてくれて便利

投稿日:

 

アセットパイプラインはプロダクション環境にデプロイするときにJavaScriptやCSSをCoffeeScriptやSASS/SCSSからそれぞれ1つのファイルにコンパイルしたうえ圧縮までしてくれるRailsの便利機能

herokuにアップするときは普通precompileしておく必要がある

そして、修正してコンパイルし直すときは別名をつけてくれるので、コンパイルし直してもブラウザのキャッシュがきかないようにする仕組みになっているらしい

そうすると、gitとかの管理ではどうなるの?と思ったけど

assets:cleanといって前のファイルを消す処理をするとgitが勝手にrenameしてくれることに気づいた

何を言ってるのかわからないと思うのでログを貼っておきます

 

ファイルが無くなってるけど99%同じだからrenameしてくれてるってことかな?

[tip]あと、assets:compileすると、public/assets/以下にファイルができてdevelopment環境で二重にjavascriptを読み込んで困るときの設定[/tip]

config/enviraments/development.rbに下を追加

 

assets:precompileの時間がかかるとき

Turbo Sprocketsを調べてみた

-git, RubyOnRailsの開発環境
-, ,

執筆者:

関連記事

Rails3.2でJasmineをつかってCoffeeScriptをテスト~jasminerice

    #261 Testing JavaScript with Jasmine (revised)   addyosmani.github.com/backbone-f

FirefoxでJSONをみやすく整形〜JSONView

addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/jsonview/ Firefoxのデフォルトではこんな表示だけど・・・ JSONViewアドオンをいれればこんなに見やすくなる …

Rails generateのときにbelongs_toを設定

By: Michael Douglas Bramwell – CC BY 2.0 using belongs_to with scaffold generator to quickly c …

MacにHomebrewでPostgreSQL9.3をインストールしてgem pgをインストール

By: Gheysen86 – CC BY 2.0 OS X Mavericks 10.9.1

  [crayo …

no image

ぼくのさいきょうのrails new

参照 rails newをカスタマイズしてテスト環境とgit initを自動で準備する Rails3.2.8で自動テスト環境を整える〜cucumber+spork+guard RailsにTwitte …