git RubyOnRailsの開発環境

assets:compileし直すときassets:cleanしておくとgitが自動でrenameしてくれて便利

投稿日:

 

アセットパイプラインはプロダクション環境にデプロイするときにJavaScriptやCSSをCoffeeScriptやSASS/SCSSからそれぞれ1つのファイルにコンパイルしたうえ圧縮までしてくれるRailsの便利機能

herokuにアップするときは普通precompileしておく必要がある

そして、修正してコンパイルし直すときは別名をつけてくれるので、コンパイルし直してもブラウザのキャッシュがきかないようにする仕組みになっているらしい

そうすると、gitとかの管理ではどうなるの?と思ったけど

assets:cleanといって前のファイルを消す処理をするとgitが勝手にrenameしてくれることに気づいた

何を言ってるのかわからないと思うのでログを貼っておきます

 

ファイルが無くなってるけど99%同じだからrenameしてくれてるってことかな?

[tip]あと、assets:compileすると、public/assets/以下にファイルができてdevelopment環境で二重にjavascriptを読み込んで困るときの設定[/tip]

config/enviraments/development.rbに下を追加

 

assets:precompileの時間がかかるとき

Turbo Sprocketsを調べてみた

-git, RubyOnRailsの開発環境
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

ぼくのさいきょうのrails new

参照 rails newをカスタマイズしてテスト環境とgit initを自動で準備する Rails3.2.8で自動テスト環境を整える〜cucumber+spork+guard RailsにTwitte …

予約語とかのリンク reserved words

By: more off than on for the next couple weeks – CC BY 2.0   目次1 RubyとRails2 JavaScript3 …

Rails3でテストカバレッジを計測する~simplecov,thin

    rspecなどのテストでテストがどの程度カバーしているのかを簡単に計測するsinplecovというgemをいれた 目次1 Gemfile & bundle2 spe …

Gemfileのgroup :assets ってどういうことなのか

By: Horia Varlan – CC BY 2.0   group :development, :testってことだったんですね〜 How is the :assets g …

WindowsでCUIからGit,Virtualbox,Java,Rubyなど1700種類のソフトを一発でインストールできるパッケージマネージャ~Chocolatey NuGet

By: Anne-Lise Heinrichs – CC BY 2.0 chocolatey.org/ 目次1 インストール2 パッケージの確認・検索3 パッケージのインストール4 パッケ …