git RubyOnRailsの開発環境

assets:compileし直すときassets:cleanしておくとgitが自動でrenameしてくれて便利

投稿日:

 

アセットパイプラインはプロダクション環境にデプロイするときにJavaScriptやCSSをCoffeeScriptやSASS/SCSSからそれぞれ1つのファイルにコンパイルしたうえ圧縮までしてくれるRailsの便利機能

herokuにアップするときは普通precompileしておく必要がある

そして、修正してコンパイルし直すときは別名をつけてくれるので、コンパイルし直してもブラウザのキャッシュがきかないようにする仕組みになっているらしい

そうすると、gitとかの管理ではどうなるの?と思ったけど

assets:cleanといって前のファイルを消す処理をするとgitが勝手にrenameしてくれることに気づいた

何を言ってるのかわからないと思うのでログを貼っておきます

 

ファイルが無くなってるけど99%同じだからrenameしてくれてるってことかな?

[tip]あと、assets:compileすると、public/assets/以下にファイルができてdevelopment環境で二重にjavascriptを読み込んで困るときの設定[/tip]

config/enviraments/development.rbに下を追加

 

assets:precompileの時間がかかるとき

Turbo Sprocketsを調べてみた

-git, RubyOnRailsの開発環境
-, ,

執筆者:

関連記事

Chef SoloでUbuntu Server12.04にRVMでRubyをインストール

By: inggih slamet – CC BY 2.0   github.com/fnichol/chef-rvm/wiki 目次1 knife-github-cookboo …

RVMでRubyのバージョンアップ

By: Geri Coady – CC BY 2.0 目次1 RVMのバージョンアップ2 Rubyのバージョンアップ3 2.0.0から2.1.0にバージョンアップ4 gemのバージョンアッ …

Rails3.2+Apache2+Passenger環境でSSLを使ってみる

  前提 Rails3.2のアプリをデプロイ~apache+passenger+postgresql *ローカルでproduction環境を構築してみるという話です.いわゆるオレオレ証明書を …

no image

rails g rspec:scaffoldで生成されるファイル

ほぼ個人的なコピペ用 RubyとRailsのテスト関係のリンクメモ 目次1 使い方とオプション2 サンプル 使い方とオプション

サンプ …

no image

Gitで別ブランチで作成したaddする前のファイルを削除

ちょっとわからなくなったので頭を整理 間違ってるかもしれない   今回あったこと 新ブランチを作成して新しいファイルを作成して作業した後にaddもcommitもしないまま、やっぱり、全部放棄 …