git RubyOnRailsの開発環境

assets:compileし直すときassets:cleanしておくとgitが自動でrenameしてくれて便利

投稿日:

 

アセットパイプラインはプロダクション環境にデプロイするときにJavaScriptやCSSをCoffeeScriptやSASS/SCSSからそれぞれ1つのファイルにコンパイルしたうえ圧縮までしてくれるRailsの便利機能

herokuにアップするときは普通precompileしておく必要がある

そして、修正してコンパイルし直すときは別名をつけてくれるので、コンパイルし直してもブラウザのキャッシュがきかないようにする仕組みになっているらしい

そうすると、gitとかの管理ではどうなるの?と思ったけど

assets:cleanといって前のファイルを消す処理をするとgitが勝手にrenameしてくれることに気づいた

何を言ってるのかわからないと思うのでログを貼っておきます

 

ファイルが無くなってるけど99%同じだからrenameしてくれてるってことかな?

[tip]あと、assets:compileすると、public/assets/以下にファイルができてdevelopment環境で二重にjavascriptを読み込んで困るときの設定[/tip]

config/enviraments/development.rbに下を追加

 

assets:precompileの時間がかかるとき

Turbo Sprocketsを調べてみた

-git, RubyOnRailsの開発環境
-, ,

執筆者:

関連記事

rails generate migrationでなるべく自動で書いてもらう

By: Mike Lewinski – CC BY 2.0 目次1 はじめに2 カラム追加 AddXXXToYYY3 カラム削除 RemoveXXXFromYYY4 テーブル作成 Crea …

Rails3でテストカバレッジを計測する~simplecov,thin

    rspecなどのテストでテストがどの程度カバーしているのかを簡単に計測するsinplecovというgemをいれた 目次1 Gemfile & bundle2 spe …

MacにHomebrewでPostgreSQL9.3をインストールしてgem pgをインストール

By: Gheysen86 – CC BY 2.0 OS X Mavericks 10.9.1

  [crayo …

Rubyで1158から10をつくった〜permutation

  By: Alex Popovkin, Bahia, Brazil – CC BY 2.0 CMで話題のやつをやってみた 目次1 スケルトンをつくる2  4つの数字の並び替えの …

no image

Ruby2.0.0とRails4をためしてみた

本当なら、われわれ素人は枯れ尽くしてから手を出したほうがいいんですが、WEB+DB PRESS Vol.73の記事を読んでたら試したくなったのでOSX Lionで試してみた 気になったのは、「体感速度 …