Railsで使えるGem

Rails3.2でユーザー管理機能を追加~Devise

投稿日:2012年11月18日 更新日:

前回

Rails3.2のアプリにユーザー機能を追加する~Devise

サインアップ機能を削除したので、Railsからのユーザー管理機能を追加した

generate

 

routes.rb

devise_forの後ろにresourcesを追加

 

index.html.erb

AjaxDataTablesを利用する

users.js.coffee

 

new

jQueryでフォームが出現するようにした

index.html.erbにdivとリンクを用意

ここでremote:trueに投げてるので、newはデフォルトでnew.js.coffeeテンプレートを読みに行く(new.html.erbじゃなく)

controllerは普通に

new.js.coffeeをview/usersに作って

 

create

データの作成もAjaxにしようとしたけどうまくいかなかった.

普通にUsersにまたリダイレクトしてる.

この設定がないと、remote: trueでcreate.js.coffeeを読みに行くんだけどここから先がうまくDataTableのデータを更新できなかった

 

edit

newと同じようにテーブル内のremote:trueにしたリンクをクリックするとedit.js.coffeeを読みに行くのでここでフォームを準備する

削除のリンクもつけたりして

update

updateもAjax化できなかった

 

destroy

これも普通

 

まあ、一画面で済んだからいいか

 

まだ未完成

  • DataTablesで動的にデータを更新する方法がわからない.fnAddDataで更新できるはずなんだけど
  • Userの更新はパスワードを正確にいれないとできない.だからパスワードの更新ができない.ちょっとDeviseのソースを読まないとダメぽい. 勘違いだったみたい.ただ、自分自身のパスワードを更新すると強制サインアウトになる.これはこれでいいか.

-Railsで使えるGem
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

Ubuntu server12.04でRails4とPostgreSQL9.3をつかう〜hstoreとか

目次1 準備2 rails new3 config/database.yml4 hstoreとarrayを試してみる 準備 Ubuntu server12.04にPostgreSQL9.3をインストー …

Hallo.jsのMarkdownをWYSIWYGで編集できるサンプルがぐう便利だったのでRails3.2とBackbone.jsでやってみた

hallojs.org/demo/markdown/ これ  とにかく一度さわってみて欲しいんですけど 目次1 サンプルの便利ポイント2 Rails3.2とBackboneで動かしてみる サンプルの便 …

MIddlemanでrails-assets.orgをつかってbowerのコンポーネントをつかう

By: Simon Cunningham – CC BY 2.0 middlemanは静的なサイトのジェネレータ rails-assets.orgは「the frictionless pr …

Rails5.1でフォームをウィザード化〜wicked

By: Doll Joints – CC BY 2.0 目次1 gem wicked2 ウィザード用のコントローラーを作成する3 ルーティングの設定4 既存のコントローラーのcreateメ …

backbone-relationalで関連するコレクションをRails3.2のAPIに投稿〜accepts_nested_attributes_for

By: Mike Baird – CC BY 2.0   backbonerelational.org/ Backbone-relationalを使って関連するコレクションをまと …