Railsで使えるGem

Rails3.2でユーザー管理機能を追加~Devise

投稿日:2012年11月18日 更新日:

前回

Rails3.2のアプリにユーザー機能を追加する~Devise

サインアップ機能を削除したので、Railsからのユーザー管理機能を追加した

generate

 

routes.rb

devise_forの後ろにresourcesを追加

 

index.html.erb

AjaxDataTablesを利用する

users.js.coffee

 

new

jQueryでフォームが出現するようにした

index.html.erbにdivとリンクを用意

ここでremote:trueに投げてるので、newはデフォルトでnew.js.coffeeテンプレートを読みに行く(new.html.erbじゃなく)

controllerは普通に

new.js.coffeeをview/usersに作って

 

create

データの作成もAjaxにしようとしたけどうまくいかなかった.

普通にUsersにまたリダイレクトしてる.

この設定がないと、remote: trueでcreate.js.coffeeを読みに行くんだけどここから先がうまくDataTableのデータを更新できなかった

 

edit

newと同じようにテーブル内のremote:trueにしたリンクをクリックするとedit.js.coffeeを読みに行くのでここでフォームを準備する

削除のリンクもつけたりして

update

updateもAjax化できなかった

 

destroy

これも普通

 

まあ、一画面で済んだからいいか

 

まだ未完成

  • DataTablesで動的にデータを更新する方法がわからない.fnAddDataで更新できるはずなんだけど
  • Userの更新はパスワードを正確にいれないとできない.だからパスワードの更新ができない.ちょっとDeviseのソースを読まないとダメぽい. 勘違いだったみたい.ただ、自分自身のパスワードを更新すると強制サインアウトになる.これはこれでいいか.

-Railsで使えるGem
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

MongoidでMapReduceに挑戦中

MongoDBの薄い本の素材をMongoidでやろうとしたけど途中経過 MapReduceをやることの利点は、並列処理ができるということとSQLより柔軟な処理なできるということらしい(MongoDBに …

RailsでOAuthを使うには~OmniAuth

By: Freenerd – CC BY 2.0   github.com/intridea/omniauth   目次1 OmniAuthの受け持つ役割2 Rails …

ThoughtBotの『Backbone.js on Rails』の目次と見出しをななめ読み

By: John – CC BY 2.0 learn.thoughtbot.com/products/1-backbone-js-on-rails 買いました 電子書籍で137ページに$4 …

Rails3.2でFacebook風インターフェイスでタグづけ〜acts-as-taggable-on+jquery.tokenInput

By: Mauquoy Token Company – CC BY 2.0 railscasts.com/episodes/258-token-fields?language=ja&#03

Rails3.2でフォームの順番をjQuery UI sortableで並べ替えてSubmit~acts_as_list