RubyOnRailsの開発環境

Rails3.2+Apache2+Passenger環境でSSLを使ってみる

投稿日:

 

前提

Rails3.2のアプリをデプロイ~apache+passenger+postgresql

*ローカルでproduction環境を構築してみるという話です.いわゆるオレオレ証明書を使います.

参考 sslのまとめ

ようするに誰も証明書を認証していないけれど、通信を暗号化してみるよということ

前回produciton環境にrailsアプリをデプロイしてみたが、https://でアドレスを指定するとサーバーがないといわれるか、下のような表示がでるはず

 

これはapacheがsslを使ったhttps://での通信に対応するように設定していないから

設定方法

参考

d.hatena.ne.jp/mrgoofy33/20110209/1297262978

 

sslモジュールの確認

ubuntuのapache2がsslモジュールに対応しているか確認

sslは使えそう

mods-enableにシンボリックリンクを作成

次に、sslに使う443ポートに通信がきたらどうするかの設定

もとからサンプルファイルがあるのと参考先を確認

どうやらここで証明書と認証鍵を設定するらしい

証明書と認証鍵の用意

ウィザードを使うほうがわかりやすいとおもう

ローカルで試すだけなので適当です

ここから証明書を作成する

参照先のサイトはcsrファイルとpemファイルの指定が逆かも

とりあえず安全性のため自分自身以外このファイルを扱えないように指定する

ubuntuの保存先は、keyファイルが/etc/ssl/private/、pemファイルが/etc/ssl/certs/になっているのでここに移動しておく

あとはapacheに証明書と認証鍵の場所を指定すればOK

参考リンク先にはsslのサイトでもcssとjsファイルのキャッシュを有効にする設定などもあったので気が向いたら

あとはこのファイルのシンボリックリンクを/etc/apache2/sites-enable/の方に作成すればOK

apache2を再起動すれば、今度はhttps://でも問題なく(警告は出るが)つながるはず

chromeの場合はこんな警告が出るが、このまま続行でOK

*あるページだけsslを強制したい場合は次のページを参考に

railscasts.com/episodes/357-adding-ssl

-RubyOnRailsの開発環境
-,

執筆者:

関連記事

RubyGemのことを調べる~RubyGems Guide for Japanese

    guides.rubygems.org/ すでに日本語化をはじめている人がいた. github.com/bisque33/RubyGems-Guides-for-Japan

Chef SoloでUbuntu Server12.04にVim7.4をコンパイルして自分の環境をインストール

By: Derek Gavey – CC BY 2.0 目次1 情報2 Workstation(操作する側)にchefとknife-soloをインストールする3 Chefリポジトリをつくる …

no image

Ubuntu Server12.04でPhantomjsを使ってヘッドレステスト環境をつくる~phantomjs+guard-jasmine

目次1 phantomjs2 guard-jasmine3 Foreman phantomjs phantomjsはブラウザがないようなサーバー環境でもjavascriptのテストをやってくれる #3 …

no image

ぼくのさいきょうのrails new

参照 rails newをカスタマイズしてテスト環境とgit initを自動で準備する Rails3.2.8で自動テスト環境を整える〜cucumber+spork+guard RailsにTwitte …

no image

Git用サーバのgitoliteにユーザー追加

環境 Git用サーバのgitoliteをインストール クライアントでssh用の鍵を作成

 ssh用のpub鍵を管理者に送信 sftpで …