MongoDB Railsで使えるGem

Deviseのユーザーと既存のMongoidモデルを関連づける

投稿日:

前提

Rails3.2でHTML5で取得した位置情報をMongoDBに保存してGoogleMapsでみる~mongoid、gmaps4rails

Rails3.2+Mongoidでログイン機能~devise

作成したユーザーと位置情報を関連づけたい

model

それぞれ1行足すだけ

削除の依存関係とかはまた考える destroyとdeleteってどう違うんだろ?

*positionにuser_idというフィールドを作ってはいけない ←これではまった

controller

deviseのcurrent_userメソッドで現在のユーザーの情報が得られる

view

関連性を設定したので、positionから関連するuserを呼び出してその情報が得られる

 

一度データベースをリセットしてから確認すればOK

-MongoDB, Railsで使えるGem
-, ,

執筆者:

関連記事

RailsでOAuthを使うには~OmniAuth

By: Freenerd – CC BY 2.0   github.com/intridea/omniauth   目次1 OmniAuthの受け持つ役割2 Rails …

Rails3.2でajaxなフォルダツリーを導入する~dynatree-rails

  jQuery UIのプラグインdynatreeをRailsで使ってみた github.com/glebtv/dynatree-rails wwwendt.de/tech/dynatree …

Rubyでd3.jsのapiリファレンスの一覧を取得してくる~mechanize

  d3.jsにはlayoutというおおまかに準備されたレイアウトがあって、その中にあるTreeレイアウトを試してみることにした d3.js自身のapiリファレンスが階層構造になっているので …

Ruby+guardでSass+Compass+CoffeeScriptの自動コンパイル環境を整える

    Ubuntu12.04.1でCoffeeScriptの自動makeとブラウザの自動リロード~guard-coffeescript すでにCoffeeScriptを自動Mak …

Rails3.2でよくあるデータ構造を追加してくれる系のGemのメモ〜タグ付け、評価システム、バージョン、論理削除、木構造とか

By: Jeff Dlouhy – CC BY 2.0 よくある構造というかよくあるスキーマを追加してくれるModelに一言書いておくだけで便利なGemをメモ(未検証)   目次 …