Railsで使えるGem

RailsでGoogle Mapを使ってみる~Google-Maps-for-Rails

投稿日:

github.com/apneadiving/Google-Maps-for-Rails

 

前提

こんな感じで

personの複数形はpeopleですよ!!

 

インストール

Gemfile

Gemfileに次の一行を加えてbundle

 

generate

javascriptとcssを生成します

add application.html.erb

javascriptを読み込みます

twitter-bootstrap-for-railsを使っている場合はjavascriptの読み込みをheaderに持ってこないと地図が真っ白になります

cssはデフォルトの設定で読み込んでくれます

model

modelにacts_as_gmappableの1行と、アドレス生成のために使うカラムを指定します

この場合はaddressで

もちろんデフォルトデータのようにcountry,cityとか細かく分けてもok

 

追記 mongoidでやったときのModelはこれ

 

 

migration

もともとのデータベースに次のカラムを加えます

 

Quick Start!

最小限のスタートはコントローラーとビューに一行ずつ書き加えればOK

controller

 

view

 

css

Twitter Bootstrapを使っている場合はcssの設定が必要だそうです

*追記

Twitter Bootstrapのグリッドデザインに合わせるには.map_containerと.gmaps4rails_mapの両方のwidthをautoに設定する

 

試す

名前と住所を登録すると、住所から緯度経度を自動的に登録してくれます

細かく書けば細かく指定してくれます

「名古屋」だけだと名古屋市役所でした

 

InfoWindowを表示する

インフォウィンドウも表示できますし、画像も表示できます

model

 

?APIキーの設定とかがなかったけど権利関係的には大丈夫なのかな?

いまのところ日に25,000ページ(ズームとかパンとかはカウントしない)を超えない限りは大丈夫。超えてもその時にいろいろ考えればいいみたい。

Usage Limits and Billing

 

-Railsで使えるGem
-, ,

執筆者:

関連記事

Deviseのユーザーと既存のMongoidモデルを関連づける

前提 Rails3.2でHTML5で取得した位置情報をMongoDBに保存してGoogleMapsでみる~mongoid、gmaps4rails Rails3.2+Mongoidでログイン機能~dev …

Rails4とD3.jsでローソク足グラフを描く〜Rails準備編

By: Manuel Calavera – CC BY 2.0 前回 Rails4で複雑な検索〜Ransack こちらのサンプルを使用させてもらいました。 datawarehouse.we …

RailsでOAuthを使うには~OmniAuth

By: Freenerd – CC BY 2.0   github.com/intridea/omniauth   目次1 OmniAuthの受け持つ役割2 Rails …

Rails3.2でJasmineをつかってBackbone.jsのModelをテストしてみる

  By: Glory Cycles   Developing Backbone.js Applications addyosmani.github.com/backbone-fu

今度こそRails3.2からdocxを生成する

目次1 前提2 構想3 アップロード4 スキームの保存5 docxの生成6 レイアウトと画面遷移を考える7 データの更新8 データの削除 前提 Rubyからdocxを生成する 前回、イキオイアマって自 …