vim

surround.vimチュートリアルをためす

投稿日:

 

参照

www.vim.org/scripts/script.php?script_id=1697

Change Surround

囲みの内側で、 cs"' (Change Surround ” → ‘)

Change Surround x to Tag

そのまま囲みの内側で cs'<q> (Change Surround ‘ → <q> )

Change Surround Tag to x

そのまま囲みの内側で cst" (Change Surround Tag → “)

これで一周した

Delete Surround

そのまま囲みの内側で ds"(Delete Surround “)

You Surround x

そのままHelloのどこかにカーソルを置いて、 ysiw] (You Surround iw ])

iwはテキストオブジェクト

参照

doruby.kbmj.com/aisi/20100310/surround.vim__

  • iw 単語(inner word)
  • aw 単語+次の文字までの空白(a word)
  • it タグの内部(inner tag)
  • at 直近の外側にあるタグを含む文字列(a tag)
  • ib カッコの内部 i)でも
  • ab カッコを含めた文字列

:help text-objects

空白つきのカッコで囲む

そのままHelloのどこかにカーソルを置いて、 cs]{

空白スペースが要らない場合は{の代わりに}を使う

行全体を囲む

そのまま、 yss) または yssb (You Surround Sentence with “)” )

sentence (:help sentence)

文は ‘.’, ‘!’, ‘?’ で終わり、その後に行末かスペースもしくはタブが続くものとして定義されます。
任意の数の閉じ ‘)’, ‘]’, ‘”‘, ”’ 文字が ‘.’, ‘!’, ‘?’ の後に、そして改行もしくはスペースかタブの前に現れてもよいです。
段落とセクションの境界は文の境界でもあります。文の定義を変更することはできません。
もし ‘J’ フラグが ‘cpoptions’ にある場合は句読点の後に少なくとも二つのスペースがある必要があります; <Tab>s はホワイトスペースとして認識されません。文の定義を変更することはできません。

削除する

そのままHelloのうえで ds{ds)

これで元通り

You Surround x with Tag

そのままHelloのうえで ysiw<em>

Visualモードでの利用

最後にVisualモードを試してみよう。大文字のVを押して行選択モードにして S<p class="important">.

 

最後に

このプラグインはhtml/xmlの編集のときにとても役立つ 一気にタグをペアで追加、変更、除去ができるのは爽快だよ

.コマンドはrepeat.vimをインストールしていれば機能するよ

(以上、意訳)

 

新しい記事書きました

vim-surroundでなんでも囲う

 

-vim
-

執筆者:

関連記事

vimでcoffee scriptの開発環境を整える~vim-coffee-script

環境 CentOS5.8にnodebrewでnode.jsをインストールを参考にubuntu server 12.04にnode v0.6.20をインストールした 目次1 coffee scriptの …

Neosnippetからvim-snippetsをつかう

目次1 導入2 インストールと設定3 感想4 自分のスニペットをつくる 導入 スニペットは断片という意味で、合言葉みたいなものから、定型的な文法を展開するやつ 例えば、[crayon-59783aea …

vimのundoをグラフィカルに表示~gundo.vim

参考 gundo.vimが超便利なのとvimのアンドゥツリーについて 仕組みから使い方までリンク先ですべて丁寧に解説してるんだけど本当に便利 F3に登録してあるから、F3を押して戻りたいところでエンタ …

Vim8.0のコンパイル

By: Udo – CC BY 2.0 目次1 過去のVimを削除2 ソースをダウンロード3 configure4 make && make install5 done 過 …

vimでgit diffをビジュアル表示〜vim-gitgutter

目次1 インストール2 使い方3 fugitive.vimでdiff インストール

使い方 こんな感じで’ガター&#821 …