RubyOnRailsの開発環境

rails newをカスタマイズしてテスト環境とgit initを自動で準備する

投稿日:

 

  1. rails new -helpでrails newの初期オプションが見られる
  2. ユーザルートに.railsrcというファイルにオプションを書き込んでおける
  3. rails new -m オプションでテンプレートを指定できる
  4. gistは右上のrawを押すとテキストファイルでみられる

rails newのオプションを確認する

 .railsnewファイル

テストをスキップ

bundleをスキップ

テンプレートを適用

テンプレート

参照

kotamiyake.me/2011/09/06/application-templates-for-rails/

www.func09.com/wordpress/archives/426

参照先から

gemのオプションのつけかたがわからないので、これだけ(オプション指定するとエラーが出る)

 

sedを駆使すればdatabase.ymlのユーザ名とかも指定できると思う

gistにテンプレートを作成して.railsrcに追加

追加してrawをクリックするとテキストが開かれる

このアドレスを記録して.railsrc の-m オプションの対象に指定する

spec/spec_helper.rbにrequire ‘capybara/rspec’をくわえるsedはこんなかんじで動いた

しばらく試してみる

.rspecに–drbオプションを追記するようにした

sedの使い方がよくわからない

 

sed入門 (全10回)

-RubyOnRailsの開発環境
-, ,

執筆者:

関連記事

Chef soloでberkshelfで依存関係をインストールしてnodebrewをインストールする

By: Rachel Kramer Bussel – CC BY 2.0 berkshelf.com/ Berkshelfはbundlerっぽいcookbooksを管理するgem 目次1 …

no image

RubyとRailsのテスト関係のリンクメモ

  目次1 RSpec2 Factory Girl3 Capybara RSpec rspec.info/ Expectations とMatcher rubydoc.info/gems/r

Rails3.2でコードのお作法を指摘してもらう~Rails Best Practices

コードのお作法を自動でチェックしてくれるrails_best_practiceを導入した

あとは、Railsのルートで[crayon- …

Ubuntu12.04.1のbashカスタマイズメモ

  目次1 プロンプトのカスタマイズ2 cdのカスタマイズ3  過去のコマンドの一部を引用する プロンプトのカスタマイズ ubuntuのデフォルトの.bashrcの42行目あたりからをコメン …

ディレクトリごとにrubyとjrubyを使い分ける〜ruby-version

By: DANIEL JULIE – CC BY 2.0 前は.rvmrcを使っていたけど、今は.ruby-versionを使うらしい [crayon-59e98172def3e91038 …