git RubyOnRailsの開発環境

Git用サーバのgitoliteをインストール

投稿日:

環境 ubuntu server 12.04

参考 gitoliteによるgitサーバ構築、および、使用方法

インストール

クライアントでssh鍵作成

とりあえず今回はサーバ=クライアントで

クライアントのpub鍵をサーバへ

gitoliteの設定

gitolite で利用するシステムユーザ名: gitoliteのまま

リポジトリのパス (path): /var/lib/gitoliteのまま

管理者の鍵: /tmp/admin_name.pub

クライアントでssh接続の設定

.ssh/configを作成ないし追記

クライアントで管理者用のリポジトリを取得

gitoliteは自分自身の設定もgitoliteのリポジトリで管理しているのでこれを取得する

わかりにくいが ユーザ名@サーバ名:リポジトリ名

ホームにgitolite-adminフォルダが作成される

リモートリポジトリ作成

gitolite-admin/conf/gitolite.confを編集

例を参考にbootstrapという名前のリポジトリを作成した

まだ権限の設定のところがよくわからない・・

で、変更をローカルリポジトリgitolite-adminに反映

リモートリポジトリgitolite-adminにpush

作成したリモートリポジトリに最初のpush

ローカルの適当なリポジトリから

リモートリポジトリの様子を見る

ssh サーバ名 でリモートリポジトリの一覧とアクセス権がみられる

インストール・登録はGitHubやHerokuを使ったことがあれば簡単

その他ユーザー権限はブランチごと、ファイルごとに設定したり、ユーザーをグループ化したりできるらしい

Git管理の神ツール「Gitolite」なら、ここまでできる!

WordPressのテーマ管理もvpsにgitoliteをインストールしてwp-config/theme ←→ gitolite ←→ 開発環境ってことができるな

-git, RubyOnRailsの開発環境
-, ,

執筆者:

関連記事

Rails3.2でJasmineをつかってBackbone.jsのModelをテストしてみる

  By: Glory Cycles   Developing Backbone.js Applications addyosmani.github.com/backbone-fu

no image

Gitで別ブランチで作成したaddする前のファイルを削除

ちょっとわからなくなったので頭を整理 間違ってるかもしれない   今回あったこと 新ブランチを作成して新しいファイルを作成して作業した後にaddもcommitもしないまま、やっぱり、全部放棄 …

rails generate migrationでなるべく自動で書いてもらう

By: Mike Lewinski – CC BY 2.0 目次1 はじめに2 カラム追加 AddXXXToYYY3 カラム削除 RemoveXXXFromYYY4 テーブル作成 Crea …

no image

Ubuntu ServerのGuardからネットワーク経由でWindowsのブラウザをリロードする~guard-livereload

Ubuntu12.04.1でCoffeeScriptの自動makeとブラウザの自動リロード~guard-coffeescript   Ubuntu ServerのGuardからGrowl f …

no image

RubyとRailsのテスト関係のリンクメモ

  目次1 RSpec2 Factory Girl3 Capybara RSpec rspec.info/ Expectations とMatcher rubydoc.info/gems/r