git RubyOnRailsの開発環境

Git用サーバのgitoliteをインストール

投稿日:

環境 ubuntu server 12.04

参考 gitoliteによるgitサーバ構築、および、使用方法

インストール

クライアントでssh鍵作成

とりあえず今回はサーバ=クライアントで

クライアントのpub鍵をサーバへ

gitoliteの設定

gitolite で利用するシステムユーザ名: gitoliteのまま

リポジトリのパス (path): /var/lib/gitoliteのまま

管理者の鍵: /tmp/admin_name.pub

クライアントでssh接続の設定

.ssh/configを作成ないし追記

クライアントで管理者用のリポジトリを取得

gitoliteは自分自身の設定もgitoliteのリポジトリで管理しているのでこれを取得する

わかりにくいが ユーザ名@サーバ名:リポジトリ名

ホームにgitolite-adminフォルダが作成される

リモートリポジトリ作成

gitolite-admin/conf/gitolite.confを編集

例を参考にbootstrapという名前のリポジトリを作成した

まだ権限の設定のところがよくわからない・・

で、変更をローカルリポジトリgitolite-adminに反映

リモートリポジトリgitolite-adminにpush

作成したリモートリポジトリに最初のpush

ローカルの適当なリポジトリから

リモートリポジトリの様子を見る

ssh サーバ名 でリモートリポジトリの一覧とアクセス権がみられる

インストール・登録はGitHubやHerokuを使ったことがあれば簡単

その他ユーザー権限はブランチごと、ファイルごとに設定したり、ユーザーをグループ化したりできるらしい

Git管理の神ツール「Gitolite」なら、ここまでできる!

WordPressのテーマ管理もvpsにgitoliteをインストールしてwp-config/theme ←→ gitolite ←→ 開発環境ってことができるな

-git, RubyOnRailsの開発環境
-, ,

執筆者:

関連記事

ディレクトリごとにrubyとjrubyを使い分ける〜ruby-version

By: DANIEL JULIE – CC BY 2.0 前は.rvmrcを使っていたけど、今は.ruby-versionを使うらしい [crayon-58dc887035e6383845 …

gitでトラックしていないファイルも含めてなかったことにするには~git reset & git clean

By: Mike – CC BY 2.0 ファイルを変更したり、追加したりしたけど、やっぱりHEADの状態まで戻したいという場合 [crayon-58dc88703611d98116586 …

no image

rails g rspec:scaffoldで生成されるファイル

ほぼ個人的なコピペ用 RubyとRailsのテスト関係のリンクメモ 目次1 使い方とオプション2 サンプル 使い方とオプション

サンプ …

予約語とかのリンク reserved words

By: more off than on for the next couple weeks – CC BY 2.0   目次1 RubyとRails2 JavaScript3 …

no image

Rails3.2.8とRSpecとCapybaraでテスト

  目次1 Gemfile2 RSpecインストール3 Capybaraの設定4 ひな形準備5 最初のテスト6 capybaraのテスト Gemfile [crayon-58dc887036 …