Hyper Estraier

Ubuntu12.04でRubyからHyper Estraierを使う~Ruby Binding

投稿日:

1 Hyper Estraierの準備

libestraier-devはruby bindingのコンパイルに必要

2 ソースの準備

最新バージョン1.4.13だったのでホームページからダウンロードして適当なところに展開しておく。

また、パッチもダウンロードしてあてておく

3 コンパイル

 

*RVMとかでつかう場合

configureファイルの1650行目をコメントアウトするといけるかも

ほかの行はこれでいいのかな?(未検証)

 

 4 テスト

casketという名前のインデックスを作成してホームディレクトリにあるsrc以下を登録

ここからsearch.rbを作成して上のcasketインデックスへのパスを6行目に書き込んで実行

検索結果が表示されればOK

5 Rubypure

1648行目あたりをコメントアウトすればmake installできた

 

-Hyper Estraier
-,

執筆者:

関連記事

PDFの全文検索環境を整える4〜hyper estraierのcgiを使ってみる

参考: PDFの全文検索環境を整える3〜日本語PDFを検索できるようにする xpdf 環境: Ubuntu Server 12.04 LTS 目次1 apacheを準備2 hyperestraierを …

no image

Redmine2.0のDMSFファイルをHyper Estraierで全文検索

環境 Redmine2.0にファイル管理プラグインを導入~redmine_dmsf Ubuntu12.04でRubyからHyper Estraierを使う~Ruby Binding 目次1 ソース修正 …

no image

RubyからHyper Estraierを使う2~Ruby Binding

環境:Ruby 1.9.3 Hyper Estraierのソースに含まれるRubyバインディングから検索する。 Rubyバインディングの文書 1 RubyGemはコンパイルが通らない [crayon- …

no image

PDFの全文検索環境を整える2〜estwaver

目次1 はじめに2 クローラの登録・設定・起動 はじめに PDFの全文検索環境を整える1〜Hyper Estraierのインストールの続き。 クローラの登録・設定・起動 クローラはweb上のリンクをた …

no image

PDFの全文検索環境を整える3〜日本語PDFを検索できるようにする xpdf

目次1 はじめに2 xpdfのインストール3 日本語に対応させる4 テスト5 docやxlsなどのMS Officeファイル6 クローラの設定7 estcmd gatherを使う場合 はじめに Hyp …