Redmine Redmineの運用

Redmineのトラッカー、チケットのステータス、ワークフローを考える

投稿日:2012年8月8日 更新日:

はじめに

入門Redmineのコラムに「受信FAXをデジタル化してRedmineで管理」という記述があったので、通常業務でRedmineを使うことを考えてみた。

チケットとは

Redmineでいうチケットは、タスク・TodoのようなものでRedmineの中心的なデータセットだ。

トラッカーとは

チケットには、トラッカーと呼ばれる分類を設定する。例えば、初期状態ではトラッカーには「バグ・機能・サポート」の3種類がある。

ステータスとは

また、チケットには、ステータスというその時点のチケットの状態を登録することができる。例えば、初期状態ではステータスには、「新規・進行中・終了・却下」などがある。

バグ管理システムRedmineのステータスをカスタマイズする

 

ワークフローとは

各ステータスからどのステータスに移行できるかは設定ができる。この設定をワークフローという。

すると、例えば、契約書や請求書などのドキュメントの承認フローもワークフローで表現することができる。

ステータスに、新規→ドラフト作成→上司承認→クライアント確認→発送などを設定して、ワークフローとして設定することもできそう。

Redmineのワークフロー管理で見えるもの~いい加減なプロセスが見える化する

ワークフローの視覚化

島津製作所の例

内部統制に対応

トラッカーは4種 「問い合わせ」「要望・課題」「タスク」「障害・バグ」(スライドの28ページ)

ステータスは9種 「新規」「受付担当」「調査中」「調査中(E)」「対応中」「対応中(E)」「解決」「完了」「承認」(スライドの54ページ)

チケット駆動型事案監理のワークフロー (スライドの31ページ)

楽天の事例

簡略化したものだがWebサービス運用でのチケットワークフローの図がある

OSC2013名古屋で「Redmineの事例」を発表しました

 

-Redmine, Redmineの運用
-

執筆者:

関連記事

no image

TortoiseSVNとRedmine2.0を連携させる~TurtleMine

環境 TortoiseSVNをsvn+sshリモートリポジトリで使う準備   1 Redmine にsubverisionのリポジトリを登録する プロジェクトの設定>リポジトリから新規リポジ …

Redmine2.0に知識を集約する~knowledgebase

Redmineには標準でWikiがついているけれど総合的な知識の集約ができるほか評価付けやタグ付けができるknowledgebaseプラグインをいれた。 *各プロジェクトの使用モジュールでknowle …

no image

Ubuntu Server 12.04 + nginx + unicornでRedmine2.0.3を動かす

環境 Ubuntu Server12.04にRedmine2.0.3をインストール 目次1 Unicornの準備2 nginxの設定 Unicornの準備 1-1 Gemfile.local &amp …

no image

Redmine 2.0のマイページを拡張するプラグイン~vividtone_my_page_blocks

Redmine2.0は対応しているプラグインがまだ少ない様子。 ダウンロード場所 github.com/vividtone/redmine_vividtone_my_page_blocks ruby …

Redmineのチケットをドラッグ・アンド・ドロップで管理できるダッシュボード〜redmine_dashboard

目次1 ソース2 ダウンロード3 モジュールを有効化 ソース www.redmine.org/plugins/redmine-dashboard github.com/jgraichen/redmin