vim Web開発環境

Vim8.0のコンパイル

投稿日:

By: UdoCC BY 2.0

過去のVimを削除

適切なVIMRUNTIMEDIRを確認しておく
もとのソースのディレクトリに移動して

これで以前のVimのアンインストールは完了.

ソースをダウンロード

configure

とりあえずのままで通った.

オプションの一覧は、 ./configure --help で確認できる.

make && make install

done

screenshot_from_2016-11-12-092425

-vim, Web開発環境
-,

執筆者:

関連記事

vim8でdenite.nvimをつかう

目次1 denite.nvim2 インストール3 設定4 Uniteのソースの利用 denite.nvim denite.nvimは、unite.vimの後継プラグイン. NeoVimとVim8に対応 …

vimでRailsのプロジェクトファイル間を移動〜rails

  By: rjp – CC BY 2.0 目次1 vim-rails2 unite-rails3 Unite.vimがプロジェクト単位での検索に対応した vim-rails g …

vimのvisualモードを有効に使いたい

By: KariHak – CC BY 2.0 目次1 素早く選択する2 選択後のアクションいろいろ 素早く選択する テキストオブジェクト 導入に Vimテキストオブジェクト from W …

VimFilerはじめました

By: Sig. – CC BY 2.0   VimFilerはvimでつかえるファイラー NerdTreeというファイラーもあって今まではこっちを利用していた 自分にとっては、 …

ubuntu 14.04でVagrantを使って簡単にKVM仮想マシンを立ち上げる〜vagrant-libvirt

By: James McCauley – CC BY 2.0 目次1 KVMとは2 インストール3 vagrantプラグインのインストール4 仮想マシンを作る KVMとは KVMは、Ker …