node.js

Electronでmaterialize

投稿日:

Materialize

Materializeは、マテリアルデザインにもとづいたCSSフレームワーク
materializecss.com/

bower

sass

sassファイルとフォントのコピー

sassをコピーして、index.scssでインポートする.
コンポーネントごとに読み込むこともできると思う.

index.scss

Google Fonts

グーグルフォントを読み込まないと、アイコンが使えない.
種類がいまいちだから、アイコンだけFontAwesomeのほうがいいかも.

browserify

Javascriptのインポートだけど、ここでdebowerifyがうまく機能しない.
ここを参考に、browserify-shimを使ったらうまくいった.

package.json

レンダラプロセスでrequire

できた

screenshot

-node.js
-,

執筆者:

関連記事

gulpでelectronをlivereloadしながらcoffeeとsassで開発する環境

By: Nrico – CC BY 2.0 目次1 package.json2 gulpfile.coffee3 bower + browserify4 ストップウォッチ package. …

Electronのアプリケーションメニューからセーブダイアログを出してファイルを保存

By: Jean-Pierre Dalbéra – CC BY 2.0 目次1 はじめに2 require3 メニュー4 gulpfile.coffee5 できた はじめに 今後は、Ele …

Electronでsqlite3を使ったアプリ

By: fdecomite – CC BY 2.0 目次1 環境2 electronでnpmモジュールを使うには3 jqueryをレンダラプロセスで使う4 slqite3の使い方5 ipc …

no image

socket.ioでリアルタイムチャット

目次1 環境2 準備3 サーバー側~express4 socket.ioのイベント駆動5 サーバー側~socket.io6 クライアント側7  接続者全員にメッセージを流したいので修正8  情報 環境 …

ElectronでTrayアイコン

By: Cooks & Kitchens – CC BY 2.0 目次1 Tray2 main.coffee3 できた Tray github.com/atom/electron