Chef RubyOnRailsの開発環境

Chef soloでberkshelfで依存関係をインストールしてnodebrewをインストールする

投稿日:

berkshelf.com/

Berkshelfはbundlerっぽいcookbooksを管理するgem

インストール

Berksfileをつくる

いままでのをあわせるとこんな感じ

berks install する、bundleと違ってアップデートしたいときは berks update

依存関係のあるCookbookまでまとめてインストールしてくれる

なお、/cookbooksはknife solo cook するまで更新されないみたい

nodebrew-cookbook

github.com/linyows/nodebrew-cookbook

いろいろあるみたいだけどこっちを使った

nodebrewはnodejsのバージョン管理

jsonはこんな感じで

 

 

-Chef, RubyOnRailsの開発環境
-, ,

執筆者:

関連記事

Rails generateのときにbelongs_toを設定

By: Michael Douglas Bramwell – CC BY 2.0 using belongs_to with scaffold generator to quickly c …

RVMでRubyのバージョンアップ

By: Geri Coady – CC BY 2.0 目次1 RVMのバージョンアップ2 Rubyのバージョンアップ3 2.0.0から2.1.0にバージョンアップ4 gemのバージョンアッ …

Ruby+guardでSass+Compass+CoffeeScriptの自動コンパイル環境を整える

    Ubuntu12.04.1でCoffeeScriptの自動makeとブラウザの自動リロード~guard-coffeescript すでにCoffeeScriptを自動Mak …

Rails3.2でJasmineをつかってCoffeeScriptをテスト~jasminerice

    #261 Testing JavaScript with Jasmine (revised)   addyosmani.github.com/backbone-f

Rails3.2+Apache2+Passenger環境でSSLを使ってみる

  前提 Rails3.2のアプリをデプロイ~apache+passenger+postgresql *ローカルでproduction環境を構築してみるという話です.いわゆるオレオレ証明書を …